トップ / 注文住宅と分譲住宅の違い

不動産の控除の情報

注文住宅での留意点について

最近の注文住宅は、完全オーダー制のものは少なく、ある程度が標準仕様で用意されており、それをお客様の要望で、組み立てていく方式が多いからです。もちろん、最近は優れた材料や材質が整ってきており、耐久性や仕様はほとんど問題なくなっています。たとえば、キッチン回りの人造大理石などは一昔前には考えられませんでした。床木材や壁紙なども同じです。留意点は、住む側の便利性やフィット感は、注文主が言わないとわかりにくいので、はっきりと伝えるということです。注文住宅の不安があるれば、その時点で改良しましょう。

注文住宅なら愛着が持てる

街を一望できるテラスをつくりたいといった夢を注文住宅なら叶えてくれます。間取りを一から考えることができるので、自分の希望するものにつくり上げることができます。内部の仕様に関しても自由に選ぶことができるので、こだわって家づくりができます。建売住宅では間取りを決めたり、内部の仕様を決めたりといったことはできません。それが実現可能なので納得できる住宅を手に入れることができます。既存の住宅では満足できないのであれば注文住宅で家を建てるべきです。設計の段階から関わることができるので、家に愛着を持つことができます。