トップ

不動産の控除の情報

不動産会社に相談すること

不動産を購入するにあたって、特別控除を無視することはできないでしょう。これらには老人扶養控除、特定扶養親族控除、色んなのがあるんですね。例えば、老人扶養控除。なんでも、住宅に住む人の中に70歳以上の人がいたら適用されるみたいです。70歳以上といったら、購入する人の親に当たるんでしょうか。特定扶養親族控除とは、扶養親族のうち16歳以上23歳未満だそうです。配偶者を除くそうですから、この場合、子供と考えていいのでしょうか。他にもいろいろ、あるのですが。いろいろ、ありすぎて購入時に不動産会社に相談するのが懸命でしょう。

債権回収の行為と意味

債権回収するということは、どんな行為を指すのでしょうか。まず、不動産とは、土地、家屋、マンションを指しますが、こういったものを取り上げて債権として取り上げるのが、差し押さえになります。債務者の同意なども必要なく、差し押さえをすることができるのが特徴です。また、現金だけが債権だと考えがちなのですが、実はそうでないことも多々ありますので、珍しくもありません。家賃やローンの支払いが滞っている方も、追い払うことができるので、もし、こういった不動産のことでお悩みでしたら、早めに法律事務所に相談、依頼をしましょう。